アニメ脚本と脚本家のデータベース

令和5年度
メディア芸術アーカイブ推進支援事業


スーパージェッタ―

走れ!サンダー号
SF アクション
作家 辻真先
放送局 TBS
放送日[1965/5/13]
放送回 [19]
かな スーパージェッタ―
ローマ字 SŪPĀJETTA―
分類 台本
メディア テレビ
ジャンル アニメ
サブジャンル SF ,  アクション
収蔵先 倉庫保管中
あらすじ 【未来からきた少年 スーパージェッター】 30世紀の未来では、時間を管理・守護する『時間局』が設立されている。そのタイムパトロール隊に所属する少年『ジェッター』は犯罪者『ジャガー』を追跡中に思わぬ、衝突事故に巻き込まれてしまい、ジャガーと共にジェッターは千年前の20世紀時代に落ちてしまう。 その時代で国際科学捜査局の『西郷長官』の要請を受け、女流カメラマンの『水島かおる』と協力して、この時代に逃げ込んだジャガーの行方を追いながら、その時代に起きた様々な事件を未来の科学の力を駆使して解決していく。その時に電子頭脳を搭載したタイムマシンで加速飛行型エア・カー、『流星号』を駆使して現場に飛ぶ。当時はトランシーバー機能を持つ腕時計タイプの通信機で流星号を呼ぶときの「流星号、応答せよ、流星号、応答せよ」という決まり台詞が子供達の間で人気を博した。 本作は1965年に放送された作品であり、筒井康隆、眉村卓、豊田有恒、半村良といった、後にSF作家として高名になるスタッフが脚本家として作品を執筆したことでも有名である。 全52話制作されて後に劇場版も製作され、そしてTVシリーズ終了後、海外輸質が決まったことが切っ掛けとなり、モノクロ映像からカラー版としてリメイクされて再放送された。
  • ※[ ]内の情報は当団体の独自調査による参考情報であり、書誌原本に記載のあるものではありません。
  • ※映画、演劇に関しては、放送日の欄の記載は「公開日」「公演日」になっております。
  • ※ローマ字表記は「かな」から機械変換で表示しているため、不正確な場合があります。
スーパージェッタ―