アニメ脚本と脚本家のデータベース

令和3年度
メディア芸術アーカイブ推進支援事業


ドラえもん

即席ジャングル
作家 辻真先
原作者 藤子不二雄
放送局 テレビ朝日
放送日[1981/2/5]
放送回 122
かな ドラエモン
ローマ字 DORAEMON
分類 台本
メディア テレビ
ジャンル アニメ
収蔵先 倉庫保管中
あらすじ 『ドラえもん』小学5年生の少年『野比のび太』は、運動と勉強が苦手で、面倒くさがり屋。ある日、のび太の学習机の引き出しが未来のタイムマシンと繋がり、のび太の曾孫である『セワシ』が現れる。セワシはのび太の未来が不幸の連続で、会社を倒産させたことで多大な借金を子孫に残していることを説明し、22世紀(連載初期は21世紀とされていた)の猫型ロボット『ドラえもん』を預ける。ドラえもんは四次元ポケットから様々なひみつ道具を取り出してのび太を助け、家族としての絆を深めて行く。基本的なストーリーは、のび太が家族との生活や友だちとの遊びの中で面倒くさい事が起こるとすぐにドラえもんに頼んでは、おなかの四次元ポケットからだしてもらう、ひみつ道具、何処にでも行ける「どこでもドア」や体に取り付けると飛べる「竹子コプター」等、子供時代に欲しいと思う小道具で解決しようとする。その後、のび太はひみつ道具に頼り切り、時には悪用しようとすることから手痛い失敗を繰り返し、ドラえもんに反省を促されるなど、ギャグ調でありながらも教育的な内容を描く内容となっている。本番組は2005年に声優と制作スタッフを一新して、新たなスタートを切っている。現在では「ドラえもん」で育った大人達も映画館に足を運ぶようになり、映画用に作られた主題歌も次々とヒットチャートに乗る現象も起きるようになった。「ドラえもん」は世界に誇る日本のアニメとして知られるようになっている。
  • ※[ ]内の情報は当団体の独自調査による参考情報であり、書誌原本に記載のあるものではありません。
  • ※映画、演劇に関しては、放送日の欄の記載は「公開日」「公演日」になっております。
  • ※ローマ字表記は「かな」から機械変換で表示しているため、不正確な場合があります。
ドラえもん