アニメ脚本と脚本家のデータベース

H29年度
メディア芸術アーカイブ推進支援事業


百獣王 ゴライオン

巨大獣人の子守歌
作家 林久美子辻真先
原作者 八手三郎
放送局 東京12チャンネル
放送日[1981/9/2]
放送回 27
主な出演 井上和彦玄田哲章水島裕
かな ヒャクジュウオウ ゴライオン
ローマ字 HYAKUJUUOU GORAION
分類 台本
メディア テレビ
ジャンル アニメ
収蔵先 倉庫保管中
あらすじ 『百獣王 ゴライオン』 第三次世界大戦が勃発し、文明が滅亡した地球に突如として訪れたのはガルラ大帝国を名乗る半獣人の侵略者たちが乗る宇宙船だった。 ガルラ帝国は地球の生き残りである黄金旭たち五人の少年を拉致する。 ガルラ帝国が全宇宙を支配し、暴虐な行いをしていると知った黄金たちは宇宙船を奪い、謎の光に導かれるように過去にガルラ帝国によって滅ぼされたアルテア王国へとたどり着く。そこに隠れ潜んでいたファーラ姫は、ガルラ帝国を打倒するための力として五体のライオン型メカを与える。 その正体は、はるか昔に暴れまわり、宇宙の女神によって身体を五つに分断されたゴライオンであった。 五体のメカは合体することによってゴライオンの姿を取り戻し、黄金たちはその力で強大なガルラ帝国へと立ち向かっていく。 過酷な戦いの中、多くの仲間と出会い、時に別れを経験しながらもガルラ帝国のダイ・バザール大帝王を倒し、宇宙に平和を取り戻すのだった。 『ウルトラマン80』や『機動戦士Zガンダム』などにも携わった村上克司がメカニカルデザインを担当したこの作品は後に、ロボットを題材として扱う多くの作品に影響を及ぼした。 1984年にはアメリカでこの作品を再編集した『Lion Force Voltron』が放送され、2016年にもそのリブート版である『Voltron:legendaly Defender』がwebアニメとして配信されるなど、海外における人気も高い。
  • ※[ ]内の情報は当団体の独自調査による参考情報であり、書誌原本に記載のあるものではありません。
  • ※映画、演劇に関しては、放送日の欄の記載は「公開日」「公演日」になっております。
  • ※ローマ字表記は「かな」から機械変換で表示しているため、不正確な場合があります。
百獣王 ゴライオン