アニメ脚本と脚本家のデータベース

令和5年度
メディア芸術アーカイブ推進支援事業


七つの大罪 戒めの復活

英雄、立つ!
作家 (シリーズ構成)吉岡たかを
原作 「七つの大罪」(講談社コミックスマガジン)
原作者 鈴木央
放送局 TBS
放送日2018/6/23
放送回 23
主な出演 梶裕貴雨宮天久野美咲鈴木達央坂本真綾内田夕夜宮野真守木村良平小西克幸木内秀信高垣彩陽津田健次郎遊佐浩二三木眞一郎水樹奈々金元寿子伊瀬茉莉也古川慎小山力也豊永利行加藤英美里綿貫龍之介阿座上洋平手塚ヒロミチ寿美菜子原優子中嶋佳葉西凛太朗
演出/監督 古田丈司
かな ナナツノタイザイ イマシメノフッカツ
ローマ字 NANATSUNOTAIZAI IMASHIMENOFUKKATSU
分類 台本
メディア テレビ
ジャンル アニメ
台本バージョン アフレコ用台本
収蔵先 倉庫保管中
あらすじ 【七つの大罪 戒めの復活】七つの大罪アニメシリーズの三期にあたる。「人間族」「巨人族」「妖精族」「女神族」そして「魔神族」など様々な種族で構成される世界において、一期ではブリタリアの地において大国であるリオネス王国の奪還を目的とする。リオネス王国を守護するはずの聖騎士がクーデターを起こしたことで、国内は荒れに荒れていた。第三王女であるエリザベス・リオネスは王国を奪還するべく、かつて国王を守るために結成された七人の伝説の騎士団「七つの大罪」を探すため旅に出る。そこで酒場の亭主に身を扮していた七つの大罪の団長・メリオダスと出会ったことにより物語が大きく動き出す。シリーズ三期である今作は王国が平和を取り戻したあとから始まる。七人のうち六人が集まった七つの大罪は、三千年前の戦いで敗れ封印されたはずの魔神王の精鋭部隊「十戒」が復活したことで再び戦いに身を投じることとなった。原作は漫画家「鈴木央」により2012年から2020年まで「週刊少年マガジン」に連載されていた。同作は第39回講談社漫画賞・少年部門賞(2015年)を受賞しており、映像化コンテンツとしてはテレビアニメから劇場アニメまで制作され、ゲーム化に至っている。アニメ化は四期に渡り、2018年と2021年には劇場アニメーション化されている。更に2018年には劇場アニメ第一作を記念し、『七つの大罪The STAGE』として舞台化もされている。その人気は衰えず、2020年には舞台の続編も上演予定だったが、新型コロナウィルス対策で、全公演が中止になった。
  • ※[ ]内の情報は当団体の独自調査による参考情報であり、書誌原本に記載のあるものではありません。
  • ※映画、演劇に関しては、放送日の欄の記載は「公開日」「公演日」になっております。
  • ※ローマ字表記は「かな」から機械変換で表示しているため、不正確な場合があります。
七つの大罪 戒めの復活