アニメ脚本と脚本家のデータベース

令和5年度
メディア芸術アーカイブ推進支援事業

世界名作劇場

ピーターパンの冒険

※合本 不思議なプシケ(仮題)
アドベンチャー
作家 雪室俊一島田満
原作 [ピーターパンの冒険/角川文庫]
原作者 [ジェームス・M・バリ]
放送局 フジテレビ
放送日[1989/8/27]
放送回 29
主な出演 [ウェンディ:松井菜桜子ピーターパン:日髙のり子ジョン:羽村京子マイケル:渕崎ゆり子ティンカー・ベル:島本須美トートルズ:伊倉一恵スライトリー:江森浩子カーリー:三田ゆう子プシケ:神代知衣]
演出/監督 (監督/演出)黒田昌郎]
かな ピーターパンノボウケン
ローマ字 PĪTĀPAN'NOBOUKEN
分類 台本
メディア テレビ
ジャンル アニメ
サブジャンル アドベンチャー
収蔵先 倉庫保管中
あらすじ 【ピーターパンの冒険】ロンドンで暮らす「ウェンディ」と弟たちは夢の中で「フック船長」率いる海賊に襲われて「ピーターパン」という少年に救われる。現実でもピーターパンに会いたいと考えていたウェンディたちのもとに、ある夜、ピーターパンが現れるが、ウェンディたちの家で飼っていた犬に影を食いちぎられてしまう。自由気ままに動く自分の影を上手く捕まえられないピーターパンに代わりウェンディが影を縫い付けたことをきっかけに、二人は仲良くなる。ウェンディと弟たちはピーターパンから空の飛び方を教わり、ピーターパンが暮らすおとぎの国ネバーランドへと冒険に出た。そこでピーターパンの弟たちや、ピーターパンの仲間の「カーリー」「トートルズ」「スライトリー」、妖精の「ティンカーベル」たちと一緒に木の上にある家で過ごすが、フック船長の海賊団が襲撃してくる。子供たちは力を合わせてフック船長と戦うが、そこに「ダークネス」という魔女まで加わり、ネバーランドの存亡をめぐる戦いが始まる。ピーターパンとウェンディ、そして仲間たちは一致団結してフック船長とダークネスを倒し、ネバーランドに平和を取り戻すのだった。本作は日本アニメーション制作のアニメシリーズ世界名作劇場の第15作品目として1989年から全41話が放送された。ジェームス・マシュー・バリー著作「ピーター・パンとウェンディ」を原作としているが、ダークネス登場時以降のストーリーは、アニメオリジナルとなっている。
  • ※[ ]内の情報は当団体の独自調査による参考情報であり、書誌原本に記載のあるものではありません。
  • ※映画、演劇に関しては、放送日の欄の記載は「公開日」「公演日」になっております。
  • ※ローマ字表記は「かな」から機械変換で表示しているため、不正確な場合があります。
ピーターパンの冒険