アニメ脚本と脚本家のデータベース

令和3年度
メディア芸術アーカイブ推進支援事業


風船少女、テンプルちゃん、録音台本

ピヨピヨ大行進
作家 鳥海尽三柳川茂
原作 風船少女テンプルちゃん
原作者 タツノコプロ企画室
放送局 フジテレビ
放送日不明
放送回 13
主な出演 滝沢久美子つかせのりこ緒方賢一肝付兼太矢野洋子久松夕子友近恵子相沢治夫
演出/監督 (チーフディレクター)原征太郎
かな フウセンショウジョ、テンプルチャン、ロクオンダイホン
ローマ字 FUUSENSHOUJO,TENPURUCHAN,ROKUONDAIHON
分類 台本
メディア テレビ
ジャンル アニメ
収蔵先 倉庫保管中
あらすじ 『風船少女テンプルちゃん』 アルプスのワカクサ村に住む音楽が大好きな少女テンプルは、幼いながらもプロオーケストラの指揮者すら務めるほど才能に溢れた子。 偶然出会った雲の妖精フワットと意気投合し、誘われるまま気球に乗り込んだテンプルは、風の妖精の子どもたちに悪戯をされて遠くへと流されてしまう。そこで過酷な生活を強いられていた旅芸人の一座から逃れてきたタムタムや動物たちと出会い、一緒に音楽団を結成することになる。 人間は指揮者のテンプルや太鼓担当のタムタムだけで、ほかはギター担当のネコ、ドーラやラッパ担当のアヒル、ガッペやフルート担当、ネズミのチュッピーなど、動物が楽器を演奏する不思議な音楽団は、テンプルの故郷であるワカクサ村を目指し気球で旅をしながら、各地で演奏を披露したり、様々な困難を力を合わせて乗り越えていく。 ワカクサ村の地主を務める裕福な家庭に生まれ、両親から大切にされて泣き虫で我がままな性格に育ったテンプルだったが、旅芸人一座でコキ使われてばかりの生活に耐えてきたタムタムたちと行動を共にし、旅の途中で出会う人々との交流や経験を重ねることで精神的に大きく成長していく。 タツノコプロが制作し、1977年から全26話で放送されたミュージカル仕立てのメルヘンアニメ。
  • ※[ ]内の情報は当団体の独自調査による参考情報であり、書誌原本に記載のあるものではありません。
  • ※映画、演劇に関しては、放送日の欄の記載は「公開日」「公演日」になっております。
  • ※ローマ字表記は「かな」から機械変換で表示しているため、不正確な場合があります。
風船少女、テンプルちゃん、録音台本