アニメ脚本と脚本家のデータベース

H29年度
メディア芸術アーカイブ推進支援事業


六法やぶれクン

持主のない品物は拾った人の物になる
作家 辻真先
原作 法律入門シリーズ
原作者 嵯峨潜
放送局 名古屋テレビ
放送日[1969]/不明/不明
放送回 45
かな ロッポウヤブレクン
ローマ字 ROPPOUYABUREKUN
分類 台本
メディア テレビ
ジャンル アニメ
収蔵先 倉庫保管中
あらすじ 六法やぶれクン光分社刊・法律入門シリーズ『民法入門』(佐賀 潜 著)を原作としたテレビアニメーション作品。主人公の『六法やぶれクン』が日常生活で巻き込まれるトラブルをコミカルに描き、生活に関する六法の内容を紹介する5分枠のストーリーで構成された教育アニメ番組として、全110話が放送された。放送時のタイトルはストーリー内で紹介する民法の条文となっており、物語の内容は、六法クンが巻き込まれたトラブルを架空の事例として描くものとなっている。主な構成としては、六法クンが日常トラブルから発生した民法に関する例をドラマ仕立てにして描かれている。トラブル解決した後、画面上にナレーターの音声と共に実際の民法の条文が活字で表示される。その後、条文の概要を説明するナレーションが挿入され、エピローグになるという形が基本となっている。また、物語の内容は実際の民法の紹介という点に視点を置いているため、子供向けの勧善懲悪ばかりではなく、場合によっては法律の内容に併せて主人公の六法クンが損をしてしまうようなストーリーも描かれている。この作品は古屋テレビが初めて自社製作したアニメーション番組であると同時に、キー局以外の放送局が制作した初の深夜アニメでもある。
  • ※[ ]内の情報は当団体の独自調査による参考情報であり、書誌原本に記載のあるものではありません。
  • ※映画、演劇に関しては、放送日の欄の記載は「公開日」「公演日」になっております。
  • ※ローマ字表記は「かな」から機械変換で表示しているため、不正確な場合があります。
六法やぶれクン